自分静かにオリジナルに没頭するタイミングがぼくにとっての至福のタイミングだ

スタミナも念頭も結構取り扱う仕事をしているので、毎日現れっぱなしだ。短距離走ばっかりしてる気分です。帰宅してファミリーを済ませて、そこから私の至福の年月ですハンドメイドをしました。ステージは沢山ありますが、その中でもわたしがハマっているのが消しゴム判子創造だ。好きな漫画のグッズをウェブ検索していたまま、ハンドメイドでその人柄の消しゴム判子を作っている奴を見て感動してしまってから、目覚めてしまったのです。年月を忘れて没頭してしまうので、ケータイの目覚ましを付けて年月を区切って遊びました。本職や近所にもメモをぐっすり引き渡すので、そこにペタっと押せるような判子を作ってある。個人で楽しむ目的で、好きな人柄で作ってます。後は乏しい娘がいるので、望ましい鳥獣やお花などでも作りました。その合間に飲んだ1杯のミントティーが本当に美味しかっただ!スペシャルに売ってる水出しの簡単なものですが、こういう時にキンキンに冷して飲み込むのが良いです。消しゴム判子が出し終わったら戦い編みをします。今は夏季ですが、秋口に対して使いたいものを編んである。戦い編みはシャッターにも使えるので何枚あっても良いだ。いつもはテレビジョンの報道を見て編みますが、今日はスマホアプリでラジオを聞きながら没頭しました。クマが全然気にならなくなりました

何故他人に子どもは男子だけだと訴えると「大変ですね」と言われるのか

我家には長男が両人いる。養育はおかしい!といった正直には言えません。どうしてもいたずらなので大変なことはたくさんあります。但し他人に長男だけ、というとなぜか「うわ~大変ですね」といった容赦したような面持ちにおけるのか。そうして次にしっかり「妻欲しくないんですか~」と言われます。これって男児子育て生じるあるでしょうか。手強い場合になると受胎中間の間近が「男児だったらいかんせん~」って長男がいる私の前述で言っています。男児、確かに愚か者でいたずらだけど明るいパーツもあるんだけどなぁ。適正妻は育て易いってききますが…。ただしこの間妻抱えの女子からこんなことを聞きました。確実乙女は3歳だったかな。通っている幼稚園の部門ではもう除け者が始まっているらしい。「○○本当に遊びたいから××氏は欠けるで」といった。妻は小さくても妻だとビックリしました。男児だから、妻だから安全はなくて、とも大変さがあるんだな、って妙に納得してしまいました。除け者の話を聞くと、物心ついた事例から夫人が苦手だった自分にはとても怖い国々だ。まだまだ狭苦しいうちの長男たち。もうすぐどういう風に大きくなるのでしょうか。今後の養育が不安です。目の下が青い時の対策

夏季のお決まり、涼を待ち焦がれるのなら怖くてもいつの間にか見てしまう心霊プログラムも最近は進化している。

夏になると必ずと言っていいほど特番を組んで放映されるのが心霊番組だ。下手くそという自分もいますが私はどうしても好きでつい、見てしまう。怪物住居の難問に含む、とか心霊Vを見て検証しようとかあると見たくなる。不謹慎なのかもしれませんが、そういうのが色恋も多いのではないでしょうか。怪物住居の録画とかもあって、怪物住居には幽霊が固まるのを検証しようとか見ているとドキドキします。下好きなのはやっぱり心霊Vを検証しようは大好きです。中には明らかに作ったというVもありますが絶対本物だと思うものもあって、そういったのを見ているとドキッとします。海外の心霊番組もこわいと思える物体もありますが基本的に信じていないので面白く出るのかもしれません。信じている人からしたら好き好んで見分けるのは気が知れないと仰るかもしれませんが宝物は仕方ないだ。特別見て面白がって掛かるわけではなく一緒に近隣に関していらっしゃる心霊能パーソンの自分がまずいと言ったら茶化したりはしません。そんな番組を見て心霊スポットに行ってみようって思ったりもしていないので怖いもの見たさではないハズで。逆にホラーフィルムとかは怖くて見ようは思った項目ないのでほぼ本物の心霊をちょい見分けるのが好きなだけだ。そういった自分もいますよね、だからこそ特番になるのだと思います。やっと学生の夏休みに入って心霊の特番が始まるというので今から少し楽しみです。3日に一度の髪へのご褒美です